日本三景の旅、ひとつめはおしまい

Img_4712


冬の松島は思った以上に寒かったです。
露天風呂に入ってて、あれほど風の冷たさを感じたことはないかも。

でも、お魚も美味しいし、とても良いところです。

最後は駅でずんだシェイク、ひとつめの日本三景をたずねる旅はおしまい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

松島や、ああ松島や、松島や

Img_4678

最後は観光船で松島を堪能します。
丸文松島汽船の芭蕉コースで本塩釜まで向かいます。


Img_4681
追加料金を払って、2階の座席に座りました。
グリーン席みたいな感じかな?
私達以外は誰もいませんでした、貸し切りです!

ちなみに3階には個室がありました。

それでは松島の風景を。

Img_4701
Img_4696
Img_4694
Img_4691
Img_4690

デッキにでるといい風がきます。

Img_4707

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松華堂のカステラ

Img_4670

観光のあと、結構船の時間までぎりぎりでしたが、どうしてもここに行きたかったので。

松華堂のカステラはデパートなどでも販売されているようですが、こちらでは焼きたてをいただけます。

彼が頼んだのはプリンですけどね。


Img_4672

カステラはこちら。

うーん、美味しかったですが、期待が大きすぎたような気もします・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松島・円通院

円通院には伊達政宗のお孫さんの霊廟があります。

Img_4645

Img_4644    

ちょっと遠くてみづらかったですが、
めをこらすと解説にある文様がみえて面白いです。

伊達政宗はやはり伊達なひとだったんですね。


Img_4646
こちらのスギ林は瞑想の庭と呼ばれています。


Img_4649
寒さから池の水は凍っていました。
こちらは伊達藩の江戸屋敷にある小堀遠州のお庭を模したものだそうです。
全てのバランスがよくて、みていると心が落ち着きます。


Img_4662

雲外天地の庭です。
円通院HPより
「天の庭」は松島湾に実在する七福神の嶋を仏の庭として表し、「地の庭」はいのちを意味した「三宝の庭」です。
松島湾は白砂で周囲の山々はコケで表し、「天」と「地」には天水橋がかかり「天の庭」と「地の庭」を結び掛け橋です。


Img_4665
小さな寺院でしたが、お庭も素晴らしく、とても印象に残りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うなぎの喜州

Img_4631

いよいよ出発の朝です。

2泊お世話になった一の坊さん、とても居心地のよいお宿でした。


Img_4581
フロント前にこのようなフリードリンクのスペースがあり、
珈琲・紅茶も含めて24時間いただくことができます。
珈琲って、お部屋で休んでいるときなど、結構飲みたくなったりしますよね。
なかなか、いいサービスです。


Img_4632

昨日牛タンを食べたのが遅い時間だったので、夕食は抜き、おなかぺこぺこです。
宿から歩いていける、鰻屋さん、喜州に行きました。
住宅街のなかにあって、かなり見つけるのに苦労しました。


Img_4637

入ったら、本当におうちみたいで、玄関脇の小さな部屋に通されました。
私たち2人。
TVもあって、なんだかくつろげる。
早速にうなぎの骨と日本酒。


Img_4638

うなぎは特上ですが、うなぎの量が多くなるようで、こんなにボリュームが!!!
東京と比べるとかなりお安い、お得です。
味はあまり甘みがなく、わりとあっさり系かな。

昼からほっこり温まって、最後の観光へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤間精肉店で牛タン

Img_4625

じゃじゃーん!
仙台といえば牛タンです。
東京にも進出しているような有名な牛タンやさんが松島にも多くありましたが、
今回は駅前にあるお肉やさんが営業している牛タンやさんへ。


Img_4622
ランチの盛り合わせ。
牛タンとはらみとホルモンです。
どれも塩味がほどよくきいてて、ご飯がもりもり進みます。


Img_4623

きゃべつととろろ、それと味噌漬けの青唐辛子。
うん、ごはんが進まないはずがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福浦島と五大堂

Img_4588

朝食あと少し休んでから、福浦島へ向かいました。
こちらは松島のなかで唯一徒歩で渡れる島です(だったと思います)。

橋を渡るのは有料です。


Img_4586

ちょっと天気は曇りがち。


Img_4604
島の全容はこのような感じ。
あまり見所はないですが、歩くとなんだかんだで1時間くらいかかりました。


Img_4610

そのあと、駅のほうに向かい、五大堂へ。


Img_4621

五大堂に行くまでには、こちらの透かし橋を渡ることになります。
それほど高さがあるわけではないのですが、やはりちょっと怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一の坊の朝ご飯も素晴らしかったです

翌日あれだけお寿司とお酒でおなかいっぱいだったのですが・・・

朝風呂あとにはすっかりお腹が空いていました。
ということで、朝ご飯。
一の坊の朝ご飯はビュッフェですが、これがまた素晴らしかった。
私のなかでは、日本のホテルで食べた朝食ビュッフェは沖縄の日航アリビラが一番でしたが、うーん、それを抜いたかも。


Img_4556
会場はこういった感じ、とても広いです。
2日間、待つことはなかったです。


Img_4549

このトマトジュースが売りなんですが、これは割と普通。
オレンジジュースとか牛乳のほうが美味しかったです。


Img_4550

自分で手巻き寿司とか作れるコーナーがあったり。


Img_4557

茶碗蒸しも出汁のうまみがあって美味しかった〜


Img_4558

左から牛すじの煮込み、揚げ出し豆腐、山かけ、温泉たまご。
牛すじでご飯1膳、軽くいっちゃうな〜、もう。


Img_4562

その場で焼いているお魚たち。


Img_4568

洋食も充実しています。
でもお腹いっぱいであまり食べれなかった、フレンチトースト絶品でした。


Img_4559

ずんだ餅はやはりあるよね、これはマストアイテム。


Img_4569

ヨーグルト食べたあとに


Img_4574

アイスクリームは選ぶとスクープで取ってくれます、焼きたてクロワッサンとともに。


Img_4575

最後にフルーツと、和三盆のクッキーまで食べてしまいました。

いやー、満腹、満腹。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松島の寿司幸、最高です

今回は宿の予約は朝食のみ。

温泉につかって、少しのんびりしたあとに、夕食を食べに駅方面に向かいました。
徒歩10分くらいかな?
寿司幸さんに行きました。

カウンターに座ってお願いしたのは幸コース、6,500円(税込)です。


Img_4543


まずは、おつまみ3品と酢の物。
早速に日本酒もいただいています。

数の子の和え物やまぐろの山かけ、それと帆立だったかな?
この時点ですごく美味しくて、期待が高まります。


Img_4544

お刺身も新鮮、うにも美味しかった。


Img_4546

旬の牡蠣をバター焼きで。
ふっくらしてて、牡蠣の旨味が凝縮してます、これはたまりません


Img_4545

こちらは酢の物。


Img_4547

焼物はふぐ。
なんでも松島あたりで獲れるふぐのようです。
噛み締めるほどにふぐの旨味が。


Img_4548

最後ににぎり。
左上の白い握りは、穴子です。
塩でいただきます。
ちょっと固くて、数回かむうちにふわっと穴子の風味がします。

これで6,500円はお値打ちですね〜

日本酒はだいたい500円くらい。
大将がいろいろお酒の魚の話をしてくれて、とても楽しく食事をすることができました。

松島にまた訪れるときは絶対行きたいお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタガキ・プチ・ヴェールでランチ

仙台到着後は駅ビルのエスパルにある、イタガキ・プチ・ヴェールでランチ。

仙台にある「いたがき」さんという果物やさんの直営カフェです。

Img_4523_2

ナポリタン、家で作るよりお上品なお味。とても美味しいです。


Img_4524    


ベジカレー。
うーん、こちらは割と普通かな、それほど辛口ではないです。


Img_4522

かなりお腹いっぱいだったのですが、やっぱり、パフェ食べたいね、ってことで
いちごパフェ。

いちごが甘い 、しあわせ

地下街で少し御菓子を買って、送迎バスに乗ってお宿に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧